ホーム
釣果餌釣り
釣果ルアー
船体装備
乗船案内
アクセス
タックル
キャンペーン
大物画像
関連リンク
 
| ホーム | >社長のぼやき
 
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
   
  2012/11/02 近いうちに
  11月1日  近い内に・・・

今日は、山陰沖東部若狭湾周辺に海上暴風警報発令していました。午前中だけジギング船でていましたがお昼過ぎには帰港しました。
11月に入りそろそろシケの多いシーズンに突入ですね。本日も帰港後船の係留ロープ取りに四苦八苦でした。
話はさかのぼること1年前、今頃の時期です。冬に向けて港の係留ロープを余分に設置しようとしていた時です。
我船が係留している港は、1990年にできた港です。20年以上経過している港ですね、そのころは、係留用に設置してある丸管などはすべて鉄でできていて現在のようなステンレス製の丸管ではありません。もちろんキノコも(岸壁のコンクリートから突き出たキノコ型のロープをくくるもの)鉄製でした。昨年、我船の係留場所の丸管が腐食で前後2か所脱落していました。
しかたなく、応急処置で抜け落ちた場所にホールアンカーを打ちこみ、なんとかロープをくくることができました。
強い風が吹いている日でこれで安心かなと思っていましたが、そこへ役所のパトロールと遭遇、一部始終見ていたようでその後電話があり
「公共の施設に許可なしで穴をあけるとは何事か」。私も思わず「公共の施設はわかっていますが、貴方がたが修理してくれないから自腹切って作業しています」
かれこれ15年以上この港を借りていますが、役所からの係留料金に一度も文句言ったこともないし、汚さず綺麗に使用していました。
しかし、船の前後の係留する設備が腐食で脱落すればシケの時船を安心して係留できません。 鉄の丸管とはいえ1カ月や半年で腐食して脱落などしません。20年もたっての金属疲労です。しょっちゅうパトロールしていたら脱落する前にわかるはずです。 誰も好きで公共の施設に穴あけたりしませんわ、船が破損しないようにしかたなくしたことでした。
それでも役所としてはおさまりがつかないようで始末書を提出するよう命じられました。お上には勝てず始末書かきました。 トホホ・・・
それでもとおもい、担当者の方に「シケの時でも安心して船が係留できるようになんとか早急に修理お願いしますよ」と話ししました。
担当者の方から「コーリンさんのところだけではなく前島埠頭全体の腐食箇所を修理しなければなりません」と言う回答でした。
私も、「それではいつ頃に修理できそうですか」
担当者の方 「近いうちに・・・・・」
それから約1年経過、いまだ手つかず状態、本日、役所に電話でいつになったら修理してもらえるのか問いました。
返事は、「その時の担当者がしばらく休みでなんとも・・・・・」 
昨年の担当者が言った言葉最近の流行語(近いうちに・・) 「おまえは、野田総理か」 と言いたいぐらいです。
本日、少し酔っぱらって書き込みしています。明日の朝、素面になったら急いで削除するかもしれませんね!

                                  本日、小心者のおっさんのぼやきでした。

 
 
 

 
   
  2012/10/27 何人やさん
  10月27日 何人やさん

半月ほど前の土曜半夜便の話です。いつも乗合船の人数を気にされているお客さんです。
この方だけでなく皆さん乗合の人数は気にされますよね。お客さんにしては少ないほど良いし、私は多いほど有りがたいです。
三日前にこの日の人数を聞かれていましたので、当日の朝にお電話いただいたら正確な人数わかりますよと言いました。
しかし、予約しておくとの返事、この日は、船長が前日の深夜便で出船していたため私が半夜便のエサを準備していました。
天候も良く土曜日とあって満船状態になっていました。いつも一番にお見えになります。顔合わした途端

お客さん 「船長今日は、何人になっとる」
私     「おかげさまで満船になりました、有難うございます」
お客さん 「三日前そんな多いいうてなかったやん」
私     「あれから三日もありましたしお客さん増えました。 来る者拒まず去る者追わずが私のモットーです」
お客さん 「えらい日に来てもうたな〜」
その後もお二人でぶつぶつ話しておられました。 そんな様子を見ていた私です。
私     「お客さん、4〜5人増えてもそんなに釣果かわらへんで〜」
お客さん 「人おおいとオマツリするやんか」
私     「乗合船にオマツリはつきもんやしな〜、しかたないですね」 「オマツリ嫌やったらお二人で仕立て船どうぞ」
お客さん 「高つくがな」
私     「そら好きな釣りできるし、オマツリもせえへんし高い金払っただけのことあるで」 
冗談で「お客さんのその車(高級外車)買う金あったら私とこの仕立て船200回はいけるで」
私     「そんな金持ちが細かい事いうたらあかん」 「乗合は、13000円がとこや」 
「好きなことしたかったらもっとお金使こてや」
お客さん笑いながら  「船長、ごもっともです、まいった、やられたな〜」
お客さん 「ちなみに船長、週のうちで一番お客さんの少ない日はいつや」
私     「難しい質問ですね、平日で雨降り、風波強い、こんな条件の日はお客さん少ないですわ」
お客さん 「そら誰もけええへんわ」
そんなこんな冗談言うていましたが、その日大きな真鯛釣っていたようでした。 本人見たら笑っているでしょう!!
それから、私も一応船長ですが、あまり海上勤務少ないです。

                                              海上勤務少ないおっさんの話でした。

 
 
 

 
   
  2012/10/11 海上予報ハズレ
  10月11日  海上予報ハズレ

10月に入り天候が不順ですね。先月9月までは、明日の海上予報など気にしたことなかったです。
ほとんど毎日凪が続き安心してました。しかし、10月に入り北風でドタバタした日がでてきましたね。
このところ毎日地元気象台に問い合わせ、あくる日行く海上のピンポイント予報を聞いてから出船しています。
完全な大しけなら検討することも無いのですが、警報、注意報なにも無しで多少波程度と聞き出船すれば
ドタバタの海上、あわてて気象台に電話すれば「予報より少し風波強くなっているようですね」。先週など
1〜1.5メートルの波予報、「今日いっぱいは大丈夫ですかね?」と聞けば 
「本日の冠島周辺では、波1.5メートルまでです」。気象台の予報信用して出船準備していました。
しかし、早朝から出船している我船のジギング船から急なシケになってきたとの情報(波2.5メートル実況)、
他船も早帰りとの事、皆さんには、港で予報が変わったことを説明してお帰りいただきました。
遠くからお見えになったお客さんばかりで平謝りです。
その後、気象台に本日の海上予報は、「ハズレですか」と聞きなおしました。
そこまではだしませんと言っていた海上風警報もあわてて出したようでした。
気象台の答えは、「ハズレではないですが、予報以上に強くなったようですね」  
我々の世界では、それを「ハズレと言うんや」! お役所は、絶対謝りません。責任もとりません。 
しかし、我々はそうはいきません。手ぶらで帰ってもらうわけにはいきません。
本日もええかげんな予報をだした人間がおりました。電話に出るのはベテランの予報官にしてもらいたいですね!!
2週連続ハズレの予報にだまされた釣り船屋のおっさんの話でした!  
 
 
 

 
   
  2012/10/04 パソコン起動せず
  10月4日  さすがに10月に入れば海上も変わってきますね。昨日も久しぶりに出船しましたが、予報大外れ、波1後1.5メートルでしたが夕方になって3メートルに変更、風も強くても海上風警報まではでませんね、なんて言っていました。その30分後風警報でていました。「どやねん」 無理せずに早めの撤退となりました。申し訳ありません。
さて、昨日、夕方から風波強くなっていたころ私といえばパソコンが起動せず四苦八苦してました。詳しい方に聞いてもパソコンご機嫌悪い状態、明日の朝もう一度スイッチ入れてだめなら新品の購入も検討してました。本日、朝一スイッチ入れましたが起動しませんでした。昨日、パソコン調子悪くなった時にどういうわけかDELLから安売りのパンフレット郵送されていました。「なんというタイミングや」 どの機種か見ていたところ修理のコーナーがあり、0120・・・・・ 音声案内でやっとサポートにたどりつき説明してました。親切なおねえちゃん、指示どうりに操作したところ起動しました。私の扱い方を聞けば原因がすぐ分かったようでした。原因は、電源を切らないことだったようです。省エネモードで5分ぐらいすぎると画面が消えるのでいつもそのままにしていました。使用しないときは必ず電源を切って下さいでした。 パンフレットのことを告げると、サポートのおねいちゃん「一日遅れていたら新品でしたか、残念とは言いませんが次回ご購入もDELLをよろしく」。 まだそんなに古くないので助かりました。!!  皆さん電源は切りましょう。 機械に弱いおっさんの話でした!

本日も、少し風波強い状態ですが、夕方からおさまる予報、気合入れて出船、マイカポイントまで行けることを祈っています。 今週、三連休天候良さそうです、空席だらけですのでぜひどうぞ!!
 
 
 

 
   
  2012/09/23 金魚
  9月23日  
       先日、孫が金魚を家の外のバケツいれたまま置いてきたと・・・・ 聞けば祭りの金魚すくいでもらった和金とのこと。炎天下に放置しているので多分死んでいると思いきや雑草のごとく強いですね。(我船も同じ) 気温35度の中、バケツの中で生きていました。しかたなく近くのコメリで安物の水槽を購入して飼うことにしました。そんなある日、保険代理店をしている同級生が船体保険の集金に来た時、水槽を見て1匹では寂しいやろと自分が飼っている金魚を2匹持ってきてくれました。蘭中という種類で安い金魚ではないらしい。水槽の中は、安物の和金と上等の蘭中でにぎやかになったと喜んでいましたが、しかし、この和金、どうにもならんゴンタ、蘭中を追いかけまわし口でつつきまわしていました。(同業者にもこんな奴おるけど)我船のことかも?。 しかたなく和金はバケツに戻しました。 さて、和金が水槽からいなくなり蘭中2匹になったことをどう孫に話したらよいか・・・・・ (かなり物事にこだわる孫です) 思いついたのは、孫が良く見ている仮面ライダーなんとかです。 孫が来た日にやはり言われました。「爺ちゃん僕の金魚がおらんやんか〜」 私は、「爺ちゃんがエサやってたら変身してこんな金魚2匹になってしもた」 孫は「爺ちゃんすごいな〜」  簡単にだませました。 しかし、お客さんはこういうわけにはいきませんね。毎日HPをチェック、更新がおくれるとすぐにTEL、「昨日の釣果はどうでした」の連発です。孫のようにはいかないですね!  今日もどうでもよい話でした!! 
 
 
 

 
   
  2012/09/06 サゴシやフグ
  9月6日 サゴシ、フグ

9月に入りサゴシやフグが増えてきました。秋シーズンになるとこの魚にマイカ仕掛けと錘を取られてしまいますね。本日、釣果コーナーに錘の販売など書き込みました。仕掛けや錘を無くされたお客さん、船内で販売しますのでご購入下さい。よろしく!  さて、この件の話ですが、昨年の今頃ですか、深夜便で出船していた時マイカよく釣れていたのですがとにかく魚に仕掛けを切られて釣りを終わられたお客さんありました。おもわず「お客さん、夜明けまでかなり時間ありますよ」、お客さんの返事は、「船長、仕掛け5セット切られてしもた、船賃より高ついたがな、イカもそこそこ釣れたでキャビンで寝てるわ」。私は、 「ゴメンネ、魚が寄ってくるのは船長の力ではどうにもならんしな〜」と返せばお客さんからキツイ一言 「船長、あんたら遊漁船業者やら漁師やら真鯛の稚魚を放流しているらしいな〜、ついでにフグも放流してるのとちゃうか」 お客さん、そこまでして儲けよとは思ってませんので・・・・・  昨年の今頃の事を思い出しました。 お言葉いただいたお客さん、先週お顔拝見しました。 フグは、放流してませんのでイカ釣り来て下さい!
 
 
 

 
   
  2012/09/04 雷雨
  9月3日

今年の夏はとにかく雷雨が多いですね。そんな雷の話です。私が一人で釣り船してた頃の話ですが、何十年も前のことです、夏の半夜釣りにでていたころ夕方から強い雷雨です。当時は、船に雷は落ちないと聞いていました。(地元漁師さんの話です) しかし、海の上アチコチ雷の火柱が海中に落ちていました。それでもお客さんは、釣り続行中です、あまり雷雨がひどいのでお客さんに雷がひどいのでキャビンに入って下さいとお願いしました。お客さんの返事は、「船頭、雷が落ちたら明日から仕事せんでもええやんか」の一言でした。そら死んでしもたら仕事できへんかもしれんけど、船の上での事故なら私が管理責任とらされます。「たのむで○田さんキャビンに入って〜な〜」。「船頭、おまえも一緒に雷打たれたら明日から海いかんでもええで」。冗談もほどほどに・・・・  「借金いっぱい残して死ねるかいな」。そんなこんなで納竿時間まで雷が続いていました。かなり昔のの話ですが、本人さん元気しているかな? (綾部市内の大工さんでした)。皆さん、海の上でも船に落雷あります。雷雨の時は、船のキャビンに入って下さい。キャビンの中にいる限り落雷あっても身体に影響ないそうです。(地元気象台の話) 雷雨が通り過ぎてから釣り再開です。船長の指示に従って下さいね。 本日9月3日夕方に舞鶴地区キツイ雷雨でした。夕方便、雷雨通過後に少し遅れて出船しました。深夜便も続いて出船、今夜も大漁に期待しています。 連日の雷雨で昔の釣行を思い出しました。 別にどういうことでもない話でした。
 
 
 

 
   
  2012/09/02 表彰状
  9月2日 表彰状

まだまだ暑い日が続いていますね。  さて、春先から値下がりしていた船舶燃料ですが、知らぬ間に一気に値上がりしています。お盆以降急激な値上げですね。まだこの先どうなるかわからないそうです。昨日、取引先の燃料販売店から8月分の軽油免税チケットをいただきたいと電話です。内訳をFAXで見てビックリ仰天、何十年この仕事していますが、見たことも無い数字が明記してありました。おまけに8月は値上がり状態、「大変多くて申し訳ありません」との挨拶、「今まで取引してから1カ月の最高記録でした」よって表彰状を授与しますとのこと。表彰状がわりにトイレットペーパーいただきました。 確かに8月はイカ釣りが忙しく、おまけにポイントは遠方、しかたありませんね。ただ、燃料消費と売上は比例しません、これが残念! それでもマイカ釣りだけは他船に負けたくないのでどんなにポイントが遠くても走ります。人数が少ないので近場でごまかすようなことはできません。今夜もお客さんの笑顔が見たいので燃料ばらまいても走ります。ぜひどうぞ! (私も笑顔になれるようたくさん乗船ヨロヒク〜)   9月最初のぼやきでした。
 
 
 

 
   
  2012/08/27 小アジ・・・・
  8月27日
      今日も朝から暑くなりそうですね。 さて、昨日久しぶりに海上勤務行ってきました。仕立て船ですが、出船時間前になってもお客さんがお見えになりません。エサも解しているし電話してもつながらず、嫌な予感、諦めて家に帰ろうかと思っていたところ「遅くなって申し訳ありません」、お見えになりました。急いで出船、南東風で少しドタバタした海上、子どもさんもいっしょなので船酔いも心配してました。現場に着いたらそんな心配もいりません。皆さん暑い中大きなアジをコンスタントに釣られていました。船酔いされたら私もお土産釣りに協力せなあかんなと思っていました。夕方になると大アジもダブル、トリプル、そのうち50?pクラスの真鯛も子どもさんにヒット、なんとかお土産とれてやれやれでした。 そのころから私に下心、夜になって涼しくなったら今夜の一杯の魚をと・・・・・・・ 日中、あれだけ釣れていたので大アジの4〜5匹ぐらいはと考えていました。皆さんイカ釣りスタート、調子よくマイカ釣れだし安心してサビキを投入、1投目からこんこんとあたり、しめしめ、今夜は、アジのたたきで一杯、  先週、盆から1週間ほど下痢と高熱で点滴とおかゆだけだったので魚に飢えていました。 しかし、上がってきたのは、昼間1匹も釣れなかった小アジではないかいな、次は大アジと・・・・・ またまた小アジ、「はあ〜、やっぱり暑い中汗して頑張らなあかんな〜」 小アジを5〜6匹釣ったところでマイカの活き造りも頭に浮かびマイカ仕掛け投入、2〜3匹小イカが釣れたところでお客さんから「船長、早仕舞してもらえますか」 もう少し大きいイカをと思っていたので・・・・・ 結局、小アジと小イカで終わりました。2週間ぶりの生ものです、風呂上りにアジとイカ刺しでビールをきゅ〜と最高に美味かった! やっぱり健康が一番ですね、 8月も終わりの夜中の話でした。
 
 
 

 
   
  2012/08/25 氷買い
  8月25日 半夜便の用意に汗を流ししてました。この暑さに製氷機もアップアップしています。冬の半分くらいしか氷もできませんね。今晩の深夜便に氷がありません、昨日、漁連にTELで明日の宮津は営業ですかと聞いたところおねいちゃんの声で「明日営業です」の返事。半夜便送り出してから宮津まで氷買いに出発、40分ほどかけて現着、しかし、いやな雰囲気です。人の気配がありません。事務所も鍵がかかり誰もいません。この暑さの中、舞鶴くんだりからでかけてきたのになんちゅうこっちゃ! 少し切れかけて漁連にTEL、「本日第4土曜日はお休みです」 の返事、昨日の電話に出たお姉ちゃんに嘘つかれてしもた。しかたなく又40分かけて舞鶴へ・・・・ 漁連本店でなんとかクラッシュアイスを仕入れて今夜の深夜便に間に合わせました。クラッシュアイスは融けるのが速くイマイチです。遠くても宮津まで行くと角氷が販売されています。カリカリきていましたが、製氷機が間に合わないほど忙しいということですか? この春まで同業者に死んどるなんて言われていた我船、嬉しい悲鳴と喜んでおきましょう!! 今夜も今から深夜便の用意に出撃します。祈る大漁!!  
 
 

 
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
Since 2011.11〜 Copyright (C) 2011-2013 by Super Korine, All right's reserved
 

- Topics Board -